PMSのイライラ軽減に役立つ!おすすめドリンク5選

PMS対策

さて今回は、PMSの症状を軽減する生活改善。今回は、一番お手軽に取り入れられる飲み物になります。
ホッと一息休憩用から日常のお茶まで、PMS期間中にも飲めるオススメのドリンクを5種類まとめました!

 

リラックス効果の高い飲み物がキーワード!

ホットミルク

カルシウムを補ってくれるので、イライラ緩和に役立ちます。体を冷やさないほうがいいので、ぬるく温めたものか、ホットがおすすめ。リラックス効果も期待できますよ。

 

ホット豆乳

サプリメントを含め、女性には豆乳が良い!というのは、もはや定番になってきましたね。
豆乳に含まれる大豆イソフラボンには、なんとホルモンバランスを整える働きがあります。心もほっと落ち着きますよ。こちらも体を冷やさないよう、ホットでいただきましょう。

 

ミルクココア

ココアに含まれる成分が末梢血管を拡張し、手足の血流を促すとして、冷えや浮腫みの対策効果があるとされています。チョコレートに対する欲が現れたときは、代わりにココアを飲むといいかもしれません。

 飲む際の注意
ココアには微量ながらカフェインが入っていますので、ミルクココアにして、飲みすぎないようにご注意ください。
また砂糖を入れてしまうと糖分のとり過ぎに繋がります。どうしても甘みがほしい時は、少しだけはちみつを足しましょう。

 

黒豆茶

豆乳同様、黒豆にもホルモンバランスを整えるイソフラボンが含まれているのでおすすめです。
さらに、普段の生活のなかで飲みやすい味ですが、実はカフェインがゼロなのです。
緑茶・紅茶・烏龍茶を飲んでいる人は、代わりに黒豆茶をはじめてみてはいかがでしょうか?ちなみに麦茶もノンカフェインです。

 

ハーブティー

香りも一緒に楽しめるハーブティー。
リラックス効果もあり、様々な種類が楽しめます。一部のものはブレンドティーとして紅茶が入っており、カフェインを含んでしまっているので、純粋なハーブティーを選ぶようにしましょう

 カモミールティー

胃腸の調子を整えたり、気分をリラックスさせる効果があります。ホルモンバランスを整える効果もありますし、スーパーなどで売っていて入手がしやすいのでぜひお試しください。

 ジンジャーティー(生姜)

生姜は体を温める効果がありますので、冷え性気味な女性に欠かせない食材です。飲み物だけでなく、食事にも積極的に取り入れていきましょう。

 ローズヒップティー

ビタミンCが多いので、美肌効果があると言われるだけでなく、利尿作用もあるのが特徴です。浮腫みの改善にオススメ

 マリーゴールドティー

抗炎症作用があり、お肌にとって良いと言われているハーブです。また、女性ホルモンへ働きかける成分も含んでいて、月経痛やPMS、更年期のイライラ緩和に役立つとされています。

 ラズベリーリーフティー

子宮に働きかけるため、「安産のハーブ」とも言われています。月経痛やPMS、更年期症状を和らげるとされています。

 

ポイントはリラックス効果があることと、体を温めることです。
まだ口にしたことがない、と思ったものもあったかもしれませんが、これを気に色々なものを買い揃えてみてください。きっと良い気分転換にもなりますよ。

 

 ちなみに・・・

PMSの期間中は、アルコールやカフェインを含む飲み物は避けたほうが良く、特に、カフェインは、珈琲や紅茶だけでなく緑茶・栄養ドリンクなどけっこう色々なものに入っています。
また、ジュースは糖質が多いため、摂取すると血糖値が落ちたところでイライラの波がやってきますので、避けたほうが無難です。

最近では、デカフェ(ノンカフェイン)の珈琲などもありますので、PMSだけどコーヒーがどうしても飲みたい!という時はデカフェのものをチョイスしましょう。

 

関連記事一覧