女性ホルモンに注意!40代になる前に生活面や健康面で気遣いたいこと

女性ホルモンについて

「最近、なんだか顔や体のほてりが気になって…」
女性にとって、そんな悩みが出始めるのが40代です。

20代や30代の頃に比べて明らかに体からのシグナルを感じることの多い、40代女性のホルモンの働きはどのようになっているのでしょうか?

今回は、将来に備えて知っておきたい、40代の女性のホルモンの働きについてと、生活面や健康面で気をつけてほしいことについてお伝えします。

 

40代女性の体の変化

40代になると、「昔はこの程度のことは、なんともなかったのに…」と至るシーンで感じることがあります。
年齢を重ねたから?と思いがちですが、それだけではありません。

女性の体は、エストロゲン・プロゲステロンなどの女性ホルモンの影響を大きく受けています。
40代に感じ始める不調は、女性ホルモンの減少による体と心の不調というのがほとんどでしょう。

 女性ホルモンの減少

日本女性の閉経は平均50歳前後といわれます。
閉経が近づくにつれて、卵巣機能の低下と共に女性ホルモン、エストロゲンの分泌も減少するのです。

また排卵がなくなると、もうひとつの女性ホルモンであるプロゲステロンも減少してしまいます。
女性の体の軸になるといっても過言ではない女性ホルモンの減少は、体にも心にも多くの影響を与えます。

 生理の不順

閉経に近づくと、今まで順調な周期できていた生理が早くなったり、遅くなったりと周期にバラつきが出てきます
月経量も多かったり、少なかったり、月経時以外に出血があるなど驚くこと・不安になる人も多く見られます。

やがて2カ月おき、3カ月おき、半年おき…と周期が延びていき、1年以上生理が来なかった時点で閉経を迎えるのです。

閉経までの間、アンバランスな周期での月経を過ごさなければいけないのも、40代の女性にとって大変な時期といえますね。

 更年期がやってくる

よく「更年期の症状がきつい」という話を耳にしますが、閉経前5年と閉経後5年、合わせて10年の期間を更年期と呼びます。
更年期にあたる時期は早い人・遅い人と個人差はあるものの、ほとんどの女性が40代に更年期を迎えることが多いでしょう。

更年期には、のぼせ・ほてり・疲労感・耳鳴り・めまい・発汗・息切れ・肩こり・冷え・膣のかゆみ・膣の乾きなどの体の症状、イライラ・うつ感・不安感・恐怖心・不眠などの精神的な症状などが現れ、実際に体もきつく、精神的にもまいってしまう人も多いようです。

 

40代から心がけたい、体と心のケア

仕事と育児に忙しく回る年齢ということもあり、体や心がきつくても我慢をしてしまう女性の姿を多く目にします。
しかし、体と心の痛みは、見た目には分かりづらく、本人が我慢してしまうと周りの人もなかなか気づいてくれない…なんてことも多いのです。

だからこそ、40代が近づいてくる前に、今一度、自分の生活を見直してみることが大切ですよ。

自分自身の体をいたわる

自分の体のことを一番理解しているのは、ほかでもない自分しかいません。
20代30代の頃であれば、眠ればとれた疲れも40代になると一晩寝たくらいでは疲れが取れない…なんてことも。

疲れや痛みを引きずって無理をしても、自分自身にとって余計、きつさが増すだけで何も良いところはありません。

疲れを感じたら、無理をせずに数日かけて体を休めるようにする。
痛みがあれば痛みを我慢するのではなく、痛み止めなどで和らげるなど、自分自身で体をいたわることがなによりも大切です。

自分の体と心のペースを乱さない

40代になれば、若い時のように無理をできなくなってくる…と思っていても、会社でも家でも自分の体力以上の事をしようとしがちです。
自分の体力以上のことを無理して続けると、体と心のペースがアンバランスとなってしまいます。

40代といえば、会社では管理職で手を抜けない、家では自分がやらなければ!などといったさまざまな境遇がありますが、自分の無理しすぎない範囲で作業し、自分自身の体と心のペースを乱さないように心がけたいものです。

前向きに過ごすべき

ホルモンバランスの変化とともに、なんだか女性らしさも減少しているような気がして悲観的になるかもしれません。
そんな時には、周りのシニアの人を見渡してみましょう。きっと「あんな風に年をとっても輝いていたい」と思えるすてきな方がたくさんいます。

年齢に合わせてオシャレや楽しみも変化していくものですから、自分にとっての新しい発見をしながら、前向きに過ごしていってくださいね。

 

自分のSOSを見落とさないで

体の痛みや心の痛みは、自分の体が発しているSOS信号です。
いろいろな情報に惑わされた時には、間違った方法をとってしまうこともあるかもしれません。

だからこそ、PMSや更年期についてもきちんと正しい知識を取り入れて、自分の心と体が無理なく自然に過ごしていけるように導きましょう。

 

関連記事一覧