生理前にお腹が張って下痢に…月経とお腹の関係を解説!

PMS基礎知識

生理前に急にお腹が張り出してガスが多くなり、恥ずかしい思いをしたと思ったら、今度は生理になると下痢になってツラい…。
こんな風に悩んだことはありませんか?

生理の前や生理の時に、腹部膨満感があったり下痢になったりしてお腹の調子が同時に悪くなると、ただでさえPMSで体調不良で気持ちも晴れないのに、ダブルパンチになることもありますよね。

今回は、そんな生理とお腹の関係を解説しましょう。

 

どうして生理前はお腹が張り、生理中は下痢になる?

お腹が張るのは、何も胃腸の調子が悪いというだけではありません。
実は、排卵期や生理前の女性ホルモンである黄体ホルモンの影響を受けて、お腹の調子が一時的に不調になっているのです。

 便秘になるのは黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響

女性ホルモンの一つである黄体ホルモン。
このホルモンは、排卵をすると分泌が増えていきます。

しかも、このホルモンは排卵後に妊娠が成立したときに備えて、体に水分を多く溜め込もうとする働きがあり、腸の水分も取り込もうとします。
それにより、腸内や便に含まれる水分も減り、いわゆる硬めの「コロコロ便」となり、排便がしづらい状況になってしまいます。

加えて、妊娠しても流産しないような環境を作るため、子宮の収縮を抑えるホルモンも影響するため腸の蠕動(ぜんどう)が遅くなり、より便が出にくい状態になるのです。

 生理になると黄体ホルモンの影響で下痢傾向に

しかし、生理中に差し掛かると下痢や便が軟らかくなります。

生理が始まるとプロゲステロンの分泌は少なくなるので、腸内水分や腸の動きも元の状態に戻ります。
そうなると、これまで溜まっていた便もスムーズにガスと共に体の外へ排出され、お腹の張りを感じることも少なくなるでしょう。

しかし、その一方でプロスタグランジンというホルモンに似た働きをする「生理活性物質」が分泌されます。

この 生理活性物質は、子宮内膜から分泌されるわけですが、生理のときに子宮を収縮させることで、いらなくなった子宮内膜を血液と一緒に体の外に出そうとするのです。

これがいわゆる生理になりますが、このプラスタグランジンの働きが腸にも影響することで、腸蠕動が促進され下痢になりやすいという状況になるのです。

 

生理前にお腹が張るときや下痢への対策とは

女性ホルモンやプロスタグランジンなどの働きによって、生理中にお腹が張ったり、便秘になったり、生理後には反対に下痢傾向になりやすいということがわかりましたね。

生理前にPMS症状が強い女性は、気分の不調だけでなく、そうした便秘や下痢などのお腹の不調があることも重なると、なおさら体調も沈みやすくなるかもしれません。

そこで、生理前後のお腹の調子を整えるためには、どんな対策があるのかをみてみましょう。

対策1:冷え対策

とくに生理中の下痢には、腹部を冷やさないないことが大切です。
生理後の下痢の場合には、腹部を冷やすことで、余計に腸の動きが促進されて、下痢に傾きやすくなります。

腸の動きを緩やかにして下痢症状を軽くするためにも、腹部を温めるような服装をしたり、おしゃれな腹巻きや夏であってもエアコンが効きすぎる室内ではカイロを使ってみたりするのも良いでしょう。

また日頃より定期的な運動をすることで、体の代謝を上げて冷えにくい体づくりをすることもおすすめです。

対策2:食事改善

  • 胃腸に刺激の強い、辛いものや極端に脂分の多い食べものの摂取を避ける
  • 胃腸や身体を冷やす冷たい飲み物や食べ物の摂取も避ける
  • 日頃から胃腸の調子を整えるために水分を多く摂取する
  • 野菜を多く摂取する

など、胃腸の調子を整える食事を心がけるのもおすすめです。

また、胃腸の消化を良くするためにも、よく噛んで食べるようにしてください
あまり良く噛まずに食べ物を摂取すると、一緒に空気も多く飲み込むこととなり、腸にガスがたまる原因になります。

対策3:薬の服用

もし腹部の張りや下痢の症状がひどければ、整腸薬などを服用するのも手ですが、便秘や下痢などの症状が頻回にある場合には、消化器系の病気が原因にあることもあります。

症状がひどい場合は、一人で判断したり、悩んだりせずに医療機関を早めに受診しましょう。

 

規則的な生活を送ることが一番!

生理前のお腹の張りや生理中の下痢は、女性ホルモンの分泌のバランスの関係で避けられないこともあります。
一番は規則的な生活を送り、なるべく心も体も穏やかに過ごせるようにすることが大切です。

とくに生理前にはPMSに悩まされる人も多く、ストレスもためがちになります。
そのストレスが、実はより女性ホルモンのバランスを崩し、気持ちだけでなく、お腹の不調までも左右するかもしれません。

生理周期でお腹の調子がどうしても悪くなってしまうという人は、仕事や活動のペースを調整しながら、なるべくストレスを感じにくい環境を自ら作りながら過ごすことをおすすめします。

 

関連記事一覧