生理でおこる腰痛対策、骨盤底筋群を「ながら運動」で鍛えよう!

生理について

生理痛にはいろいろありますが、腰痛が一番辛いという方もいるかと思います。

人間は二足歩行のため、どんな姿勢を取っても腰に体重がかかり、負担をかけてしまっています。
そのため、正しいケアの方法を覚えておけば、生理痛に悩む方だけではなく将来を見据えたケアにもなるので、一石何鳥にもなりますよ。

今回は、今からでもできる腰痛対策と、さらに骨盤底筋群を鍛えることができる「ながら運動」をお伝えします。

 

腰痛がおこる原因

生理痛でおこる腰痛の原因は、プロスタグランジンの働きによるものです。

プロスタグランジンは、子宮を収縮させて経血を出してくれます。
しかし、血管収縮作用もあるため血流が悪くなり、腰痛、腰回りのだるさや冷えが症状としてみられるのです。

これらの症状があるということは、骨盤内を走る血液の流れが滞っている証拠。

女性は骨盤内の血液の流れが滞りやすくなっているため、気づかないうちに身体が冷え、腰痛となって表れます。
生理によって起こる腰痛は、骨盤周りの血管の流れが悪くなることによる、ホルモンバランスが正常に機能している結果ともいえます。

しかし、だからといって腰痛を我慢するのは辛いですよね。
簡単に行える腰痛対策を3つ紹介します。

 

簡単にできる腰痛対策

生理による腰痛に対するおすすめの対策は3つ。
どの方法も簡単に行えるので、おすすめです。

深呼吸してみる

意識して深呼吸してみましょう。
深呼吸を行うことで、自律神経を整えることができます。
他にも、横隔膜を上下させるので内臓に良い刺激を与えて、血液循環や腸の動きもよくなりますよ。

ちなみに、効果的にできる深呼吸の方法は簡単です。

  • 両手をお腹に当てる
  • 鼻からたっぷり息を吸って、お腹を膨らます
  • お腹をへこますように、鼻から息を吐きだす

これを数回繰り返してみてください。

一定のリズムを刻んで呼吸するのでリラックス効果があり、幸せホルモンのセロトニンも分泌されます。

首元を温める

寒い時期、温めようとしてカイロを貼って過ごす方はいると思います。腰が痛いときは私もよく貼って過ごします。
しかし、もっと効果的な温め方があるんです。

それは、首元を温めること

首元を走る血管は、身体の隅々まで血液を運びます。
その首元を温めることで、全身の体温が調節できるんです。
首や肩回りの筋肉のコリもほぐしてくれます

 首はどうやって温めるのがいい?

首元を温めるグッズもたくさんあります。
40度程度にしか発熱しない専用のカイロを使うことや、タオルなどを身体とカイロの間に挟んで、肌にストレスを与えないようにしましょう。

もし、カイロを使って温めるときは、低温やけどに気をつけましょう。

1日の終わりに、お風呂に入って身体を温めるのもいいですよ。

骨盤底筋群を鍛える

女性は骨盤内の血流が滞りやすいため、骨盤底筋群は固まりやすくなっています。
冷えや身体のだるさを感じやすくなるのは、そのためです。

そんな骨盤底筋群を鍛えると、いいことが5つあります。

  • 血流が改善される
  • 便秘が改善される
  • 骨盤や姿勢の歪みが整う
  • お腹やお尻、太ももを引き締める
  • 尿もれを予防できる

骨盤内の血流も改善されるため、腰痛が軽減します。
そして、スタイルも整えられて、アンチエイジングにもなるんです。

いいことばかりですよね。

 

骨盤底筋群を鍛える、ながら運動

腰痛が強い方にお勧めするのが、骨盤底筋群を鍛える運動です。
運動と聞くと難しく考えてしまいますが、仕事中にもできるんですよ。

そして、骨盤底筋群を鍛えると、アンチエイジングや体質改善にも繋がります。

それでは、骨盤底筋群を鍛える「ながら運動」をご紹介します。

座り仕事の方は

  1. 背筋を伸ばして、足裏全体を床につけて座りましょう。
  2. 太ももや両膝でペットボトルを挟みます。
  3. お尻をギュっと締めて、太ももの内側がプルプルと震えることを確認しましょう。

※ペットボトルがなければ、軽めの本など使えそうなものでも可能です。

立ち仕事の方は

  1. 背筋を伸ばします。
  2. お尻を10秒ほどギュっと締めましょう。
  3. その後、10秒ほど休憩します。
  4. 再びお尻を10秒ほどギュっと締めましょう。

これを繰り返します。

日頃意識して使わない筋肉なので、長時間行うと疲れてしまいますので、どちらの運動も5分ほど続けたら休みましょう
午前、お昼、午後など、運動を行うタイミングを見つけて行うのもいいですね。

 ひどいときは、鎮痛剤に頼ること

温めても辛いときはどうしたらいいの?と思う方もいるでしょう。
しかし、辛いのを我慢することはありません。そんなときは無理をせず、鎮痛剤を飲んで経過を見ながら行っていきましょう。

 

腰痛改善だけではなく、その先も見据えて

この運動を行うことで嬉しいのは、腰痛を改善するだけではなく、スタイルや体質も整えられるということです。

妊娠・出産を経験した女性は、骨盤や骨盤周囲の筋肉が緩みやすくなっています。
ライフサイクルに応じて身体が変化する女性にとって、避けられないのかも知れませんが、骨盤底筋群を鍛えることで快適に過ごすことができますよ。

今も将来も快適に過ごすため、骨盤底筋群を鍛えてみませんか。

 

関連記事一覧