調子がいい時に無理をするとPMSが悪化する!?卵胞期の過ごし方

PMS基礎知識

ホルモンのバランスによって、体調の良い時と悪い時が変化する女性の体。
PMSや生理のときは動きにくい分、調子がいい時に無理をしたりしていませんか?

実は、体の状態が好調になりやすい卵胞期に無理をしてしまうと、次のPMSがひどくなってしまうのです。
今回は、PMSのために心がけたい卵胞期の過ごし方についてお伝えします。

 

卵胞期の行動が次のPMSを左右する

女性の体は、月経から排卵までの間(卵胞期)は比較的体の調子のよい人が多いのですが、体の調子がよいからといつも以上に無理をしたり、夜遅くまで何かしらの作業をしたり…なんてことをしている方も多いかと思います。

体調がよいからこそ、いろいろな事をしておきたい気持ちは分かりますが、実はこの行動が次のPMSを悪化させる原因になっているかもしれないのです。

卵胞期の女性の体について

月経が開始してから排卵期までの間を卵胞期と呼び、排卵から月経までの間に、なかなか寝付けなかったのがうそのようにぐっすりと眠れます。

それもそのはず、卵胞期になると自然と深部の体温が下がるため、PMSなどが発症する黄体期よりも断然寝つきがよくなります
また、エストロゲンといった女性のホルモンの分泌量も安定しています。

夜に満足のいく睡眠をとれ、ホルモンバランスも安定しているため、とても調子のよい状態で過ごせるのが、卵胞期の特徴です。

黄体期の女性の体について

また、排卵期から次の月経までの間を黄体期と呼び、細胞をつくるために黄体期のうちは体が体温を上昇させようとします。

そのため、深部の体温が下がりにくくなるのですが、人は体温が下がると眠くなり体温が上がると目が覚めるようになっているため、体温の高い黄体期にはなかなか寝つけないといった悩みを抱える人も少なくありません

卵胞期の無理は次の黄体期に影響する

女性の体にはこういった調子の波があるため、「体の調子のよい時だからこそ、あまり調子がよくなかった時の分までやっておこう」と思う人も多いことでしょう。

でも、実はこの考えこそがNGパターンなのです。

人の体の調子の良し悪しは、睡眠に影響されます
人生の約3分の1は睡眠の時間を過ごすわけですから、それもそのはずですね。

卵胞期のぐっすりと眠れる時に良質な睡眠をとることが、体のリズムを整えます。
体のリズムを整えるべき時に無理をしてしまうと、睡眠のリズムは崩れてPMSなどの起きる時期に、よりいっそう体の調子が悪くなってしまうのです。

体や心の不調はPMSの症状がさらにひどくなるので、卵胞期にきちんと睡眠をとって最適な睡眠リズムをつくることは、PMSの改善にもつながります

 

睡眠のリズムを整える方法とは?

卵胞期に良質の睡眠をとってリズムを整えることがPMSの改善につながると分かったならば、ライフスタイルをしっかり整えることが大切です。

そこで今回は、質の良い睡眠をとるための方法をいくつかご紹介します。

 メラトニンを整える朝の過ごし方

人の睡眠はメラトニンによって周期が決まりますが、メラトニンの増減はライフスタイルのちょっとした工夫で整えることが可能です。

例えば、一日の始まりである寝起きにはどのように過ごしていますか?
「朝起きた時にカーテンを開けるのはまぶしくて苦手」とすぐにカーテンを開けずに過ごしてはいないでしょうか。

人の体は、朝日のような明るい光を脳が感じとることで、メラトニンを減少させます。これが心地よい目覚めにつながる理由です。

反対に、寝つけないときに部屋の明かりをつけて過ごしてしまうと、メラトニンを減少させてしまい、余計に眠れなくなってしまうことになります
調子がいいからと、夜中まで部屋の明かりをつけたままでいるのは注意が必要です。

 メラトニンを整える夜の過ごし方

朝の光をしっかりと浴びた体と脳は、「朝」をしっかりと認識するため、夜になれば自然と眠たくなります。

しかし、朝日を浴びてみたもののなかなか寝つけない時もあるかと思います。
そんな時は、部屋の明かりを10分程度消してみてください

照明の落ちた部屋でじっと目を閉じて過ごすことにより、体と脳が「夜」を認識して、メラトニンを増やして眠りへと導いてくれます

 PMSの人はメラトニンが少ない?

メラトニンと体調のリズムは比例するため、調子のよい卵胞期に無理をすることは、メラトニンのリズムを崩すことと同じです。

言い換えれば、卵胞期に無理をすることがメラトニンの減少につながり、次に迎える黄体期にきついPMSを迎えてしまいます
PMSを改善するためにも、メラトニンの分泌しやすい状態を作り、バランスを整えることがとても大切です。

 

卵胞期には体を休めましょう

何気なく過ごしている毎日ですが、卵胞期の無理が体調に与える影響がとても高いことが分かりました。

体調のよい時に頑張るのではなく、体調のよい時だからこそ、大切な自分の体を休めて良質な睡眠をとってみませんか。
睡眠のバランスが整うことによりPMSの改善が期待できるので、自分の心と体のために今一度、自分の生活スタイルを見直してみるのもよいかもしれませんね。

 

関連記事一覧