生理のつらい頭痛の原因と鎮痛剤とのつきあい方

生理について

生理痛は様々ありますが「私は頭痛が辛い」という方もいるかと思います。

子宮があるのは下腹部なのに、どうして頭痛が起こるのでしょう。
今回は、生理痛で頭痛が起こる理由と、今からでもできる生理頭痛対策のことをお伝えします。

 

頭痛には2種類ある

生理痛として起こる頭痛には2種類あります。
あなたの頭痛は、どちらのタイプですか?症状を見ながら、自己診断してみてください。

片頭痛

血管が拡張し、血液の流れが変化して起こるのが片頭痛です。

生理痛で起こる片頭痛は、女性ホルモンであるエストロゲンと、神経伝達物質であるセロトニンが一緒に減少することで起こります。

エストロゲンが減少するのは排卵後と生理前ですが、減少することで起こる身体の変化は2つ。

  • エストロゲンが減少すると血管を拡張する
  • セロトニンが減少すると不安や痛みに敏感になってしまう

このうち、エストロゲンが減少することで、頭痛が起こりやすくなります。
さらにセロトニンも減少してしまうため、痛みに敏感になってしまった結果、頭痛として症状が現れるのです。

 こんな症状に当てはまります!

  • 脈を打つような痛み
  • 頭がズキズキする痛み
  • 吐いたり、吐き気を感じる
  • 光や音に敏感になる
<対処法>

・静かな部屋でカーテンを閉めて身体を休ませる
・冷やして血管の拡張を落ち着かせる

緊張性頭痛

肩や首の筋肉が緊張したりストレスを感じると、血管が収縮して血液の流れが悪くなります
それが原因で起こるのが、緊張性頭痛です。

また、プロスタグランジンという物質には、子宮を収縮させて経血を出す働きがあり、それとともに血管も収縮させることで生理痛として頭痛が起こる場合もあります。

特に生理前はプロスタグランジンが子宮内で作られるため、痛みを強く感じるようになります。

 こんな症状に当てはまります!

  • 頭が締め付けられるような痛みがある
  • 頭が重苦しく感じる
  • 頭全体または後頭部付近に圧迫感を感じる
<対処法>

・マッサージやストレッチで筋肉をほぐす
・身体を温める
・身体がリラックスできるよう休む

 

上手に痛みを抑えるために

鎮痛剤を飲むタイミングを知る

毎月の生理で頭痛に悩まされている方は、痛くなるタイミングがわかる方もいると思います。
ですので、本格的に頭痛がひどくなる前、「おかしいな?」と思ったときに鎮痛剤を飲むのが効果的です。

まず、生理前にエストロゲンとセロトニンが減少して頭痛は起こりやすくなります。
生理が始まり、プロスタグランジンが作られるようになると、さらに痛みを感じやすくなります。

プロスタグランジンがたくさん作られる前に対処することで頭痛は軽くて済みますし、薬の効果も早く感じられますよ。

「頭痛ダイアリー」を書こう

頭痛の起こるタイミングなんてよくわからない、という方には 「頭痛ダイアリー」 がおすすめです。

頭痛ダイアリーでは、以下のようなことを記録します。

  • どの時間帯に頭痛が起こったのか
  • 頭痛にともなって、どのような症状があったのか
  • 薬を服用したのか
  • 生活にどのような影響があったのか
  • 生理があったか

頭痛ダイアリーに書き残すことで、頭痛がどの時間に、どれくらいの頻度で起こっているのか、どのように対処すればよいのかが見えてきます。
これを、月経周期とともに記録してくださいね。

ちなみみ、頭痛ダイアリーは、受診をすると医師から貰うことができます。
また、片頭痛に関するサイトからダウンロードしたり、スマートフォン用アプリもあるので活用してください。

薬物乱用頭痛を知ってますか?

薬物乱用頭痛とは、頻繁に鎮痛剤を飲むことで本来の効果が発揮できずに起こっている頭痛のことをいいます。

「仕事中や出掛け先で痛くなったら困る」からと、前もって鎮痛剤を飲んだことはありませんか?
それには、鎮痛剤の効果が発揮されない可能性や、鎮痛剤に依存してしまう危険性が潜んでいます。

  • 月に10回以上薬を飲む
  • 月に15回以上頭痛がある
  • 薬が効かなくなった

上記に当てはまる項目が多いほど、薬物乱用頭痛である可能性が高くなります。

薬物乱用頭痛であれば、多くは鎮痛剤の服用を止めると改善します。
気になる方は、医師に相談してみましょう。

鎮痛剤は「おかしいな?」と感じたときに飲むことで効果がありますが、服用のし過ぎは逆に頭痛を引き起こす原因にもなってしまいますので、十分注意しましょう。

生活習慣も見直そう

喫煙やアルコールは、血管を収縮したり拡張したりするので、頭痛が起きやすい身体に負担を掛けてしまいます。
頭痛が気になる時は、禁煙をしたり、飲酒を控えることも考えてみませんか。

他にも、ビタミンB6やマグネシウムを摂ることも大切です。
ビタミンB6は、神経伝達物質の合成に必要とされ、頭痛やイライラ予防に効果があるとされています。
そしてマグネシウムには、血管の収縮や炎症を抑える作用があります。

栄養をしっかり摂るためにサプリメントを利用してもいいですし、ビタミンB6はサンマやバナナ、マグネシウムは大豆や海藻に多く含まれるので、意識して摂ってみましょう。

 

無理しない、我慢しないことが大切

規則正しい生活が健康には一番とわかっていますが、忙しい毎日を過ごしていると多少の無理はしてしまいますよね。
とはいえ、頭痛が起こったとき、いつも身体を休ませられるとは限りません。

「おかしいな?」と思ったときに対処するようにすることで、頭痛の辛さは軽減します。
対処法を実行しながら、生理で起こる頭痛と上手につき合っていきましょう。

 

関連記事一覧