30代で気をつける、女性ホルモンの働きに合った生活のポイント

女性ホルモンについて

30代は、女性ホルモンの一つである卵胞ホルモンの分泌がもっとも多くなり、女性の一生を通して、性成熟期のピークとなります。

今回の記事では、そんな30代の女性ホルモンの働きからみた気をつけるべき生活上のポイントについてまとめました。

 

30代女性の生活上で気をつけるべきポイントとは

30代は20代に比べて、よりホルモン分泌が安定する時期ですが、引き続きホルモンバランスの不調や乱れに注意をする必要があります。

さらに30代後半からは、女性ホルモンは緩やかに減少していきます

とくに妊娠・出産に関しては、30代後半から妊娠する力が低下する時期に入るため、子供を望んでいる人はホルモンバランスを整え、早めに計画をすることが大切になります。

ここからは、30代女性が生活上で気をつけるべきポイントをいくつか挙げていきましょう。

1. 妊娠・出産を希望するなら早めにライフプランを組む

30代後半から妊娠する力が少しずつ低下していく時期でもあるので、子供をもつことを希望するなら、早めに妊娠・出産のライフプランを組むことが大切です。

女性ホルモンの分泌がより安定してきても、基礎体温測定は続けて、ホルモンバランスの乱れがないかどうかをチェックしましょう。

妊娠や出産後は、ホルモンバランスも乱れやすく、それをきっかけにマタニティブルーや産後うつなどの症状も生じやすくなります。
その場合は一人で抱え込まずに、早めに産婦人科を受診することをおすすめします。

2. PMSやPMDDがあれば適切に対応する

月経前の一定期間に、心や体の不調が生じるPMS(月経前症候群)ですが、30代になると、より仕事や家事の負担などが多くなり、PMSの症状が重く出ることもあります

なかにはPMSに比べて、より心の不調が強く出やすいPMDD(月経前不快気分障害)の症状が出る人も多くなるかもしれません。
PMDDとなれば、日常生活が正常に送れなくなる可能性も高くなるため、精神科や婦人科に早めに受診するよう気をつけてください。

PMSやPMDDであっても、まずはストレスを溜めすぎないことや規則正しい生活を続けていくことが何より重要です。

そして日常生活に支障をきたすほどのPMDDでは適切な治療が必要になるため、自分で症状を判断しないことも大切といえるでしょう。

3. 生理の異常や病気のサインを見逃さないようにする

30代はとくに、生理の異常や生理から見られる病気のサインを見逃さないことも大切です。

生理のときの強い腹痛や過多月経、不正出血などが何かの病気のサインになっていることもあります。

ホルモンバランスがまだ完全に成熟していない20代女性は、少しのストレスや環境の変化でホルモンバランスが崩れによる生理症状の変化が見られます。

しかし、30代女性では生理の異常が、たとえば子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などの病気の原因になることもあります
そのため、生理の異常があれば、早めの受診をすることが大切です。

4. 更年期がいずれくることを意識して生活を整える

30代から更年期のことを考えることは少ないかもしれませんが、いずれくる更年期以降の人生をより良く過ごすためにも、女性ホルモンのバランスを整えたり、生活全体をより健康的なものへシフトしたりと準備をすすめるのも大事です。

適度な運動やバランスのとれた食事、質の良い睡眠など、体の健康をより良く保つための行動を30代のうちから習慣化していくことが大切です。

 

30代後半から女性ホルモン分泌が低下するため、早めの行動が大切

卵胞ホルモンや黄体ホルモンなどの女性ホルモンの分泌がピークを迎え、30代後半からは、それが少しずつ低下していく時期であることを、まず認識しましょう。

それを踏まえたうえで、妊娠出産のライフプランを立てたり、今後おとずれる更年期に備えて生活習慣を見直したりなどの早めの行動が大切になります。

 

関連記事一覧