あなたの生理痛はどんな痛み?腹痛別対処法

生理について

生理痛はみなさん同じではありません。
頭痛がおこる人もいれば、腹痛がおこる人もいます。

今回は腹痛に焦点をあてて、その原因と少しでも楽になる対処法をお伝えします。

 

月経前半におこる腹痛

子宮をギュっとつかまれているような痛みが起こるのは、月経前半です。

あの不快な痛みは、子宮内膜がはがれるときに起きています。
子宮内膜をはがすために作られるプロスタグランジンという物質には、子宮を収縮させる作用があるため、痛みを感じるのです。

月経中に作られるものなので通常問題はありませんが、プロスタグランジンの量が多いと子宮収縮が強くなるため、不快な痛みになってしまいます。

血管収縮作用もあるため、血液循環が悪くなって冷えやすくなることも特徴です。

月経後半におこる腹痛

下腹部の鈍い痛みを感じやすいのは、月経後半になります。

この痛みはホルモンの作用ではなく、血液循環が悪くなり冷えてしまうために起こる痛みです。

そこまで痛さを感じなくても、痺れるような感覚に不快感を感じる人も多いかと思います。

 

痛み別対処法

ここでは上記のギュっと子宮をつかむような痛みと、下腹部の鈍い痛みの2つ、それぞれの対処法についてお話しします。

強い腹痛があるときに取るポーズ

ギュっと子宮をつかむような痛みを感じたとき、立っていられないこともありますよね。
そんなときは正座をし、両ひざを抱え込むようにして背中を丸めてみましょう

ヨガにある「胎児のポーズ」を取るのです。
この姿勢を取ることで、骨盤周囲の筋肉の緊張をほぐします

ちなみに、椅子に座っていてもできますよ。
椅子に座ったときは、膝からふくらはぎに手を伸ばして背中を丸めてみましょう。
胎児のポーズを取るのと同じように、骨盤周囲の筋肉がほぐれます。

痛くて眠れないときは、横を向いて胎児のポーズを取りましょう。
体の緊張がほぐれるので、痛みが和らいでくれます。

下腹部の鈍い痛みを和らげる、アロママッサージ

下腹部がしくしく痛むとき、寒い時期はカイロを当てたり、ひざ掛けを使ったりして下腹部から腰回りを温めましょう

しかし、暖かい時期には同じようにできません。
そこでおすすめするのが、アロママッサージです。

キャリアオイルで希釈したブレンドオイルを持ち歩くことで、いつでもマッサージができます。

 生理による腹痛に効く、アロマッサージとは

手のひらにブレンドオイルを数滴落とし、へその下や尾てい骨あたりを円を描くようにマッサージするだけ。

特に、クラリセージは鎮痙鎮痛作用があり、生理痛にもおすすめされているオイルです。
そこに、リラックス効果や鎮静効果のあるゼラニウムやラベンダーをブレンドしてみましょう。

キャリアオイルは、伸びやすいホホバオイルがおすすめです。

 自宅でアロママッサージをする場合

自宅では、アロマシップを行ってみるのもおすすめ。
熱めの湯を洗面器に入れてアロマオイルを数滴落とし、タオルをよく浸してから絞ります。

へその下や尾てい骨にタオルを当ててみましょう。
温めることで、筋肉の緊張もほぐれますよ。

 

普段からできる身体の温め方

また、生理痛は冷えることで症状が悪化します。
日頃から温めることを意識していると体質改善にもつながるので、簡単にできる体の温め方法も覚えておきましょう。

 「首」とつく身体の部位を温める

動脈が身体の浅いところを走っている、首、手首、足首を温めましょう

寒い時期は靴下やウォーマーで温められます。
暖かい時期は冷房によって冷えることが多くなるため、スカーフを巻いてみたり、足首を覆える長さの靴下を履くようにしましょう。

水仕事をすることも多い女性にとって、常に手首を温めるのは意外と難しいですよね。
そんなときは、グー・パーと指を動かすことでも血液循環はよくなります。2~3分やってみるだけでも、意外と温まりますよ。

 骨盤ケアを行う

仰向けに寝て膝を曲げ、股関節を開きましょう。
そして、両足裏をくっつけます。
下腹部に両手を添えて全身の力を抜き、深呼吸をしてみましょう。

骨盤や股関節をほぐすことで、血液やリンパの流れを改善できます。
膝を床につける必要はありません。「痛(いた)きもちいい」ところまで股関節を開けてください。

どうしても辛い場合は、両サイドにクッションを置いて、その上に膝が乗るようにしてくださいね。
これなら寝る前にベッドでできるので、簡単ですよ。

 

痛みに合わせた対処を

生理による腹痛は、何日目かによって痛み方が違うとわかりました。

自分の痛みの種類にあわせて癒す方法を変えると、快適に過ごすことができます。
少しでもリラックスできるよう、できることからやってみましょう。

 

関連記事一覧