心の知能指数を表す「EQ」とは一体なに?

マインドケア(PMSで悩むあなたへ)

EQについて、皆さんはご存知でしょうか?
似たような言葉で、知能指数(IQ)なら知っているけど、EQはよく知らない方も多いかと思います。

EQとは、一言で表現すると人の持つ感じる知性のことです。
自分や他の人の感情を知覚して、自分自身の感情をコントロールする知能を指します。

今回は、EQの基礎についてよく知り、上手な心のコントロール方法を身につけていきましょう。

 

EQは3つの知性から成り立っている

EQは主に3つの知性から構成されていて、それぞれに次のような意味があります。

心内知性

心内知性とは、自分で自分自身の心理の状態を把握できる知性
セルフコンセプトとも呼ばれ、自分の感情を調整できることを表しているEQの基本です。

対人間関係知性

対人間関係知性とは、他の人に対して効率よく適切に対応できること
すなわち、相手に対応する時に発揮される力のことでソーシャル・スキルとも呼ばれます。

状況判断知性

状況判断知性とは、相手の様子を把握し相手を受け入れ、自分と相手との状況を把握した上で相手を受け入れること
自分と相手との関係を冷静に捉えて客観的に判断する能力のことで、モニタリング能力と呼ばれます。

 

EQはどのように活用するの?

EQは、上記のような心の知能を表していますが、実生活においてどんな活用方法があるのか?

心の知能指数の高さによって、どのような影響があるのかについて調べてみました。

EQが不足するとどうなる?

EQは人と人との作業によって成り立ち、職場においても重要な要素を占めています。
特に、家庭や職場ではEQが不足することにより、さまざまな影響があると考えられています。

EQが不足することにより、事故の発生や生産能力の低下・納期の遅延や人材の流出が起こりやすいなど、たくさんの不具合へとつながるそうです。

EQの不足は職場においてもダメージにつながる要素がたくさんあるといっても過言ではないようですね。

 EQの低い人・高い人の違い

EQの高い人とEQの低い人では言動のパターンに違いがあります。

まず、EQの低い人の傾向として、自分の事しか考えない言動が多い・感情的になりやすい・他人に厳しいといった面があるそうです。

反対に、EQの高い人の傾向は、他の人から批判されても冷静に対処できる・自分にとって都合の悪いことでも事実を隠さない・自分の間違いを素直に謝罪する・物事に対して偏見を持たないなどがあります。

両者を比べてみるとEQの高い人の方が人間的にも魅力的な面が多く、仕事で成功する人も多いのです。

 職場では人と人とのつながりによって成り立つことから、EQの高い人を採用した方が職場もスムーズに作業が進み、高い処理能力を発揮するといわれています。
そういったこともあり、人材を選ぶ際にEQを重視する企業や、人材の育成の場にEQの高い人を配属している企業が、最近急増していたりします。

 

EQを高める方法があります

EQは生まれつき備わっている心の知能ですが、日頃からEQを高める訓練をすることによって、EQが低い人でも高めることができます。

EQを高める上で大切なのが、気持ちの認識・気持ちの利用・気持ちの理解・気持ちの調整という4つのスキルを自分自身で理解することが大切です。

 気持ちの認識

EQを高めるために必要なスキルとして、気持ちの認識の訓練があります。

気持ちの認識とは、自分の心の感情、例えば「今、検査を受ける前で不安を感じている」「友達とけんかをしてイライラしている」といった風に冷静に自分の心の状態を確認できることです。

「そんなの知らないよ」「うるさい」などと感情任せにならずに、落ち着いた気持ちで自分自身の心の状態を判断できるように訓練するとよいでしょう。

 気持ちの利用

人は同じことを行うでも、気持ちの持ち方次第でプラスにもマイナスにも働きます。

例えばアルバイトをするでも、「アルバイト代をためて旅行に行こう」と思うのと、なんとなく生活のためにアルバイトに行くのでは、自分の中のやる気にもかなりの違いが生まれるのです。

自分自身の気持ちをプラスに働くように導くようにするのが、気持ちの利用の訓練です。

 気持ちの理解

気持ちの理解とは、

  • 自分は今どんな気持ちでいるのか?
  • 相手はどんな気持ちになっているのか?

と、お互いの感情がどのような状態にあるのかを把握することです。
お互いの感情がこれからどのように変化していくのかを認識できることを気持ちの理解です。

 気持ちの調整

EQで気持ちの把握や認識ができた後で必要となるのが、気持ちの調整です。

自分の感情や相手の感情を認識することにより、どのように自分の感情をコントロールして、どのような言動にでれば最適であるか、気持ちを調整することで対人関係において効果を発揮します。

 

EQを高めると女性の心にもプラスに働きます

EQという心の知能指数を高めることで、自分の気持ちや相手の気持ちを把握し、対人関係が円満にいきます。

PMSの症状で精神的にピリピリしている時でも、「なぜこんなにイライラしてしまうのか?」と、冷静に判断できるようになれば、精神面でのストレスが軽減され、次第にPMSの症状の軽減にもつながるのではないでしょうか。

EQを高める事で自己啓発やさまざまな相手との交流も円滑にできるので、EQを高める訓練は自分にとってもプラスの効果をもたらしてくれますので、少しでも興味を持った人は試してみるとよさそうですね。

 

関連記事一覧