ホルモンバランスに合わせた、ダイエットスケジュールの立て方

女性ホルモンについて

女性ホルモンの分泌は、生理周期にも関わり、それらがダイエットにも大きな関係があるのをご存知ですか?

いつもダイエットがうまくいかないのは、実はホルモンバランスに合わせたダイエットができていないからかもしれません。

今回はホルモンバランスに合わせたダイエットスケジュールの立て方をご紹介します。
生理周期やホルモンバランスを知り、効率よくダイエットをしていきましょう。

 

そもそも女性ホルモンとは?

女性ホルモンは、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

 卵胞ホルモン(エストロゲン)

排卵に関わり、女性の生理周期を調整する役割があります。
卵胞ホルモンは生理が終わって約1週間後を過ぎると、少しずつ分泌量が減っていきます。

卵巣や子宮の発達を促し、女性らしい体つきを作ったり、美しさや健康の支えたり、妊娠の準備を整えたりします。
体内のカルシウム量を調整して、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ役割もあります。

 黄体ホルモン

妊娠に関わるホルモンです。子宮内膜や子宮筋の働きを調整したり、乳腺の発達などを促します
この黄体ホルモンは排卵から生理前まで多く分泌されます。

妊娠すると常に分泌され、血糖値を正常にして体脂肪を減らす働きもあります。
黄体ホルモンがで分泌されている間は、人によっては精神的にイライラしたり不安定となることもあります。

 

女性ホルモンとダイエットの関係

結論から言うと、ダイエットをスタートするには、【卵胞期】と呼ばれる、卵胞ホルモンが多く分泌されている時期に始めるのがおすすめです。

どうしてこの時期がダイエットに効果的?

卵胞ホルモンが分泌されている時期は、心身ともにコンディションは抜群です!集中力も維持でき、ダイエットや運動の効果も出やすいとされています。

この時期を逃さないように食事のコントロールや運動をうまく組み合わせると良い効果が出やすいです。

逆にダイエットに不向きなのは?

一方で、黄体ホルモンが多く分泌されている時期である【黄体期】は、心も体も不安定になります
体も水分をため込みやすくなり、むくみやすくなります

これは、黄体ホルモンが妊娠に備えるホルモンであるため、体全体が自分自身を守る傾向が高くなるのです。

大腸の動きも低下するので便秘になり、自立神経の働きも弱まるためダイエットの効果は出にくいでしょう。
この時期にPMS(月経前症候群)になりやすい人もいます。

そんな人は、ダイエットのことは一旦置いて、体調を整えたり、心身ともにリラックスすることに努めるのがおすすめです。

 

ホルモンバランスを考えてダイエットを計画する

ホルモンバランスを知るには、生理周期と一緒に考えるとわかりやすいです。
もう一度、簡単に復習しておきましょう。

① 生理開始~生理が終わるまで

このあいだは、卵胞ホルモンも黄体ホルモンも一定量の分泌があります。

② 生理終了後~排卵前

生理が終わってから、排卵前まで卵胞ホルモンの分泌が増えます。

③ 排卵後~次の生理が始まるまで

排卵日前後の3〜5日間は黄体ホルモンが増加します。そして、排卵後から次の生理が始まるまで、今度は卵胞ホルモンの分泌が低下します。

ポイントは、卵胞ホルモンが増える生理後!

つまり、ダイエットを始めるのであれば、生理が終わった直後の卵胞ホルモンが多く分泌される【卵胞期】の時期がおすすめです。
この時期は食欲も抑えられ、代謝も良くなる傾向があり、ダイエットの効果を得やすいといえるでしょう。

ただし、人により生理周期がさまざまであったり、ホルモンの分泌も毎周期同じとは限りません。
また、精神的なストレスなどの負荷がかかり、一時的にホルモンバランスが崩れることもあります。

卵胞ホルモンや黄体ホルモンがきちんと分泌され、かつ排卵もきちんと起きているかを知る方法として、基礎体温測定をすることをおすすめします。

ダイエットの機会に合わせて、基礎体温を図ることを習慣にするのも良いでしょう。

 

ダイエットは無理なく続けられるようにするのが一番

スムーズにダイエットを行うなら、自分の生理周期=ホルモンバランスを見ながら、無理のないダイエットのスケジュールを立てることが大切です。

ダイエットを始めるなら、生理が終わった直後の卵胞ホルモンが増える時期であることを忘れずに、うまく生理周期とホルモンバランスをみてダイエットをするのがおすすめですよ!

 

関連記事一覧