漢方における「水」は、体にとってどんな働きがある?

漢方の基本

漢方において、体が元気である基本「気・血・水」のバランス。
今回は、そのなかでも「水」に注目してみたいと思います。

なんとなく人の体にある水分のこととは知っているものの、それが健康のもとになるというのは想像しにくいですよね。
漢方のおける「水」とは一体何なのか、どういった役割があるのかなどについてお伝えします。

 

漢方の「水」について

漢方のなかで「水」とは、人の体を支える源、すなわち原動力であると考えられています。

体の中には、血液のほかにも唾液やリンパ液、消化液、汗といったたくさんの水分があります。
人は、飲み物や食べ物に含まれる水分を消化し、体内に吸収して潤いを得ることができますが、水はまさにその潤いの元になる水分のことです。

 水は、「気」や「血」のサポートをする役割がある

人の体の慢性的な痛みの原因は、主に「水」の異常に関連していると考えられます。

水の流れに滞りがあると気や血が乱れてしまい、バランスが崩れて体のあちこちに支障がでてしまいます。
体にある慢性的な痛みを緩和するには、水が滞りなくスムーズに巡ることが重要です。

舌診が基本です

漢方では舌診といって、舌を診て体の健康状態を診断する方法があります。

体や心のさまざまな異常は、速やかに舌の形や色などに現れると考えられています。また、舌診によって見られる「水」が原因となる体の異常が「水毒」です。

 

水の異常「水毒」とは

本来、腎臓機能が正常ならば尿として体外へ出される水分ですが、腎臓機能が鈍ってくるとリンパ管や細胞間など、体にとって不必要な場所にまで水分がたまって体がむくんでしまうことを「水毒」と呼びます。

水毒になると、体のなかに過剰な水分がたまった状態になるのです。
水分をとりすぎた場合、体のなかでもっとも弱いところに炎症を引き起こすことが多く、鼻炎や関節痛となることもあります。

水毒の症状

水毒の症状として現れるのが

  • むくみ
  • めまい
  • 排尿異常
  • 下痢
  • 頭痛
  • 雨の日の不調
  • 吐気
  • 肌にジクジクした吹き出物などができやすくなる

といった、体や肌の不調などが該当します。

漢方の舌診を行うと、水毒の人は舌がぼってりとした感じで大きくなり、舌が常に歯と接するため、舌の側面に歯の痕がつくと言われています。

 

水毒を改善するために

体を健康な状態で保つためには、水毒にならないように心がける必要があります。
自分のライフスタイルの見直しをすることで、水毒の改善ならびに予防ができます。

 体を温める物を食べるように心がける

体内にある余分な水分を体外に出すためには、体を温める必要があります。

体を温める作用のある「陽性食品」を食べることが水毒の改善ならびに予防につながるので、積極的にとりいれるとよいでしょう。

陽性食品には、

  • ごぼう
  • ニンジン
  • しょうが
  • りんご
  • 海藻類
  • そば
  • 紅茶
  • みそ
  • しょうゆ
  • 玄米
  • 黒砂糖
  • 赤身の肉や魚

などがありますので、日頃から意識して摂取してみてください。

 夏でもおなかを冷やさない

人の体は臓器や器官が冷えてしまうと、代謝が悪くなってしまいます。

特におなかを冷やすことは禁物ですので、夏場でもクーラーなどの効いた部屋で過ごす場合は、腹巻を身に着けるなどして臓器や器官が冷えることを予防することが大切です。

 スクワットなどで汗を流す

必要以上の水分が体にたまってしまうと、体調が悪くなる原因のため、入浴前などにスクワットを行うとよいでしょう。

スクワットを行うことで新陳代謝が促され、入浴することで体内の余分な水分を汗として出すことができます。

 刺激物や陰性食品の摂取を控える

コーヒーやカレーなど刺激物を好む人も多いかもしれませんが、刺激物や体を冷やす作用のある「陰性食品」はとりすぎには注意が必要です。

陰性食品には、

  • スイカ
  • レタス
  • キュウリ
  • バナナ
  • マヨネーズ
  • 白米
  • 牛乳
  • うどん

などがあります。

白米などは陰性食品ではありますが、食生活においてかかせない物です。
全く食べないなどといった行動をとると、ストレスなどもたまり余計に体にも心にも良くないので、適量を摂取して、余分にとりすぎないように心がける必要があります。

 

体にちょうど良い水分をとる

暑い夏の日などは、特に冷たい飲み物をたくさん飲んでしまいがちですが、水分をとりすぎてしまうと水毒として体のあちこちに不調が出てしまいます。
水毒を防ぐためには、水分を必要以上にとりすぎないことも大切です。

水分を多めに摂取した時は、体を動かして新陳代謝を促し、余分な水分を体外へ出してあげるようにしましょう。

水分バランスを良くして体が元気に過ごせるように、少しだけライフスタイルを見直してみてください。

 

関連記事一覧