実はアナタだけじゃない、PMSに悩む女性のイライラ実体験

PMS体験談

いつもの自分だったらなんとも思わないようなことでも、PMSの時はあら大変!
本当に些細な事であってもつい、イライラしてしまうことも多くあります。

こんな症状は自分だけなの・・・?と悩んでいるあなた、実は多くの女性がPMSのイライラ体験をしています。

自分だけでなく、周りの女性のPMSの生の声を聞いてみませんか。

 

こんなにあります。PMSのイライラ体験

生理の時に気分が沈んでしまったり、生理前にちょっとしたことでイライラしてしまうことで「なんで我慢できないんだろう・・・」と自己嫌悪に陥ってしまう人もいるかもしれません。

けれど、PMSは自分自身ではなかなか抑えることができず、困っている女性の数はとても多いようです。

ほかの人のPMSによるイライラ体験に、耳を傾けてみませんか。

 

Aさんのケース

Aさんは、学生時代から生理痛がひどく、痛み止めなどの薬も手放せない状態でしたが、生理の期間だけだと我慢していました。

やがて結婚して子どもが生まれた後のこと。
生理中だけでなく生理の1週間前から自分では抑えることのできない症状、つまりPMSに悩まされるようになりました。

 人とぶつかるのが悩みに

普段はどちらかといえば温厚なAさんでしたが、それからは、生理の1週間前位からちょっとしたことでイライラしてしまい、時には爆発するようになってしまいました。
家族に怒鳴ってしまったり、職場の上司とケンカになってしまったりと、コントロールできないあまりのイライラ症状に今でも悩んでいるそうです。

 

Bさんのケース

Bさんは、高齢出産の後からPMSが出始めました。

生理の10日位前になると、カンジタが再発してしまうことも多く、カンジタのかゆみに頭痛までが加わることもあるそうです。

 体の不調で気分も悪化

カンジタによるあまりの痒みと頭痛に、気分はまさにイライラ状態。
夫や娘に当たり散らして結果的には、自己嫌悪に陥る悪循環に参ってしまいました。

 

Cさんのケース

Cさんは生理前なると、気分がとても落ち込んでしまい、自己否定の鬱状態になってしまいます。

鬱症状と同じく出てしまうのがイライラ症状。

  • 「なんで電信柱があるのだろう」
  • 「どうして会社のデスクが四角い形をしているのか」
  • 「今日の会議が3件もある」

といつもなら全く気にもならないことで、無性にイライラしてしまうこともあるそうです。

 彼氏と喧嘩に

ある日、イライラしているCさんを見ていた彼が、皿洗いをしてくれた時のこと。
「なんで急に皿洗いをするの?私がいなければいいってこと?」とCさんの体調を労わる彼氏にさえ、イライラの矢先が向いてしまい、彼との仲もぎくしゃくしてしまいました。

 

Dさんのケース

Dさんは明るくいつも笑っているようなタイプですが、生理の5日位前になると、まるで人が変わったように本当に些細な事でイライラしてしまいます

 人が変わった?と言われるほど不機嫌に

家族がテレビを見て笑っているだけなのに、「なんであんなに笑っているのだろう」とイライラしてしまい、周りの家族から人が変わったと思われるほど、物にも八つ当たりしてしまうことがあるそうです。

 

Eさんのケース

多くの人から好感を持たれるタイプのEさんは、生理前の数日間になると
「みんなから嫌われているのではないか?」
「自分なんていない方がいいかもしれない。」
と、自己否定の気持ちを感じるようになることが多いといいます。

 落ち込みすぎて会社に行けず・・

気分の落ち込みがあまりにもひどい時には、会社へも行くことができなくなってしまうそう。 イライラして人に当たるよりも、自己嫌悪が強くなってしまうそうです。

 

PMSで一番多い症状が「イライラ」です。

PMSで悩む女性には、気分の落ち込み、不安感、イライラ症状などとさまざまな症状がありますが、一番多く見られるのがイライラ症状です。

自分がイライラしていることで、その場の空気が張り詰めている。
PMSになっている本人もそんな空気を感じているのですが、自分自身のイライラをどうにもすることができず、さらにイライラするといった悪循環へと陥ってしまう事が多いようです。

イライラ症状を少しでも和らげる

PMSの原因には、精神的なものが深く関係していると言われます。

だからこそ、PMSでのイライラ症状を少しでも抑えるための方法として、自分の心を楽にしてあげることが大切です。

特に、PMSが出やすい生理の1週間ほど前からは、自分自身の心が無理をしないように行動をしていきましょう。

  • アロマを焚いてリラックスする。
  • 好きな物をたくさん食べる。
  • 可能な限りひたすら横になって体も頭も休める

など、自分への労りを少し意識してみてください。

 

PMSのイライラは誰にも起こる症状です

世の中には、自分以外にもPMSによる不快症状(特にイライラ体験)をしている女性がこんなにも多く存在していることがおわかりいただけたかと思います。

普段とは違う自分の精神状態とのあまりの違いに戸惑うこともあるでしょう。
ですが、周りにも同じ悩みを抱えた人が多く存在していることを知ることで、症状をあまり深刻に考えすぎないことが一番の特効薬になるかもしれませんね。

 

関連記事一覧