アロマ初心者でも簡単にできる!PMS緩和のアロマ活用方法

PMS対策

ストレス社会といわれる現代に生きる私たち。
生理前の時期に、仕事や人間関係で強いストレスがあると、PMSの症状が強く出やすいといわれています。

生理前には、無理な仕事や予定を入れないようスケジュールに工夫をし、普段以上に休息とリラックスを心がけることが大切です。
あわせて、自分なりのストレス解消法やリラックス法を見つけておくと、PMSの時期を乗り越えやすくなるかもしれません。

 

ストレス対策にこそ、アロマがおすすめ

疲労を感じやすい生理前の時期には、お家でゆっくり好きなことをする時間をとってみてください。

さらに、リラックスタイムに、ストレスを和らげてくれるアロマを取り入れてみるのも一案です。 アロマテラピーなどによって、いい香りを毎日の生活に取り入れると気分も上がりますよ。

アロマテラピーとは?

アロマテラピーは、自然の草花から抽出されたエッセンシャルオイル(精油)の効果によって、心身のトラブルを回復させ、健康や美容に役立てる自然療法のこと。

オーガニックな香り成分が鼻から脳に伝わることで、気持ちを落ち着けたり、女性ホルモンのバランスを整えてくれる働きがあり、PMSの悩みにも効果的であるといわれています。

生理前で体調が悪く、何もする気になれないときでも、アロマの香りは手軽に生活に取り入れることができ、心を癒してくれます。

また、自然の力を活かした消臭、抗菌、虫よけなどの効果と作用もあり、香りを楽しむ芳香剤としてだけでなく、 アロマを掃除などの家事にも取り入れることができます。

 

おすすめのアロマの使い方

 芳香浴

アロマディフューザーなどをつかって香りを拡散させます。
お部屋に置くとアクセントになるような、おしゃれなディフューザーがいろいろ販売されているので、インテリアとしても楽しめますね。
ディフューザーがなくても、お湯を張ったマグカップに精油を数滴垂らすと、ほのかな香りが広がります。

おすすめの精油は、リラックス効果に優れたネロリ明るい気分にさせてくれるゼラニウムなど。
カモミールも使いやすく、不安を和らげ、緊張を落ち着かせてくれます

精油をハンカチやタオルにしみこませておけば、出かけた先でも香りを嗅いで気持ちを落ち着けたりすることもできます。
眠れないときに、ハンカチを枕元に置いておくのも効果的です。

特に、クラリセージは生理前のイライラを和らげてくれるので、ハンカチやティッシュに垂らして持ち歩くのがおすすめです。

 リードディフューザー

アロマの入った瓶に木の棒を刺して香りを拡散させるリードディフューザーは、ドラッグストアや雑貨屋さんで販売しており、最近とても人気ですね。

お店で買うと高価なことも多いですが、薬局やドラッグストアで手に入る無水エタノールに好みの精油を加え、小瓶に入れ竹串を刺せば、お家で簡単に手作りできます。

火や電気を使わず、置いておくだけで自然で穏やかな香りがお部屋に広がります。
好きな香りをブレンドして、作る過程から楽しめるのもいいですね。

 アロママッサージ

10mlのベースとなるオイル(ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなど)に精油を2滴落としてよく混ぜ、マッサージオイルを作ります。
生理の10日前くらいから体の緊張を緩めるために下腹部や腰を優しくマッサージしましょう。
小さじ1のベースのオイルに対し精油1滴が基本の分量になります。

女性ホルモンの分泌を調整、ゆううつな気分を明るくしてくれるゼラニウムでハンドマッサージやフットマッサージをするのもおすすめです。

 アロマバス

バスタブに精油を3~5滴落とします。
精油と一緒に天然塩と重曹を大さじ1ずつ入れると、発汗を促してからだを温めてくれます

洗面器のぬるま湯に精油を1滴まぜて、洗顔後の顔に優しくかけても、香りやアロマの効果を感じることができます。

アロマバスに使うおすすめの精油は、ローズ、オレンジスイート、カモミールなど。リラックス効果と肌の調子を整える効果に優れています。

 

 掃除にアロマをプラス

拭き掃除

バケツのぬるま湯に重曹を少し溶かし、精油を2、3滴落として拭き掃除に使います。

おすすめの精油は、ラベンダー、ティーツリー、ユーカリ、レモンなど。ブレンドしてもよいでしょう。

消臭・抗菌スプレー

お部屋の空気をリフレッシュさせてくれるルームスプレーとしてだけでなく、アロマの効果を活かした消臭・抗菌スプレーとして、お部屋の掃除にも使えます。

スプレー容器に、無水エタノール、好みの精油、精製水を入れて作ります。
精油は水と混ざらないので、最初にエタノールと混ぜてから、精製水と混ぜていきましょう。

ペパーミントやラベンダーは消臭効果を活かし、衣類の消臭や、お部屋全体に使えます。
ユーカリやティーツリーなどは殺菌効果があるので、インフルエンザや感染症の流行時にも有効です。
玄関やお部屋などにスプレーしたり、殺菌したいところの拭き掃除にも使えます。

掃除機かけ

いつもの掃除機がけに、アロマの香りをプラスすればリラックス効果は抜群です。

ティッシュ1枚を細かくちぎったら、アロマオイルを1~2滴なじませて掃除機で吸い取りましょう
そのあとに掃除機かけをすると、アロマの香りが掃除機の独特の臭いを消し、自然に香ってくれます。

おすすめの精油は、ユーカリ、ペパーミント、ラベンダー、レモングラスなど。

エアコンのフィルターに

エアコンのフィルターを掃除したあと、フィルターにアロマオイルを数滴落とします
お部屋全体にアロマの香りが広がります。

洗濯槽のカビ予防に

洗濯槽には、防カビ効果の高い精油を使ってみましょう。

洗濯層に水をはり、ティーツリーとユーカリ各10滴と、重曹20gを入れてかき混ぜ、時間を置いてから排水するか、通常コースで運転します。
すっきりした香りでカビ予防でき、気持ちよく洗濯機が使えます。

洗えないカーペットやソファの消臭、ダニ退治

重曹100gに、精油を20滴落として混ぜ、カーペットやソファに振りかけます。 30分から一晩おいて、掃除機で吸い取ります。

防虫効果のあるレモングラスやペパーミントを使うのがおすすめです。

 

アロマを使うときの注意として、天然のものが100%安全とは限らず、妊娠中や、小さい子どもには使えない精油もあります。
自分の体調に合わないものを使ったりブレンドするのは避け、作る際はアロマオイルを取り扱うお店やサイトで確認してみましょう。

また、精油は原液のまま肌に直接ると刺激が強いので注意しましょう。

自分に合ったアロマの癒しの香りを生活に取り入れて、生理前も気持ちよく過ごしていきましょう。

 

関連記事一覧